HOME > 脂肪吸引の基礎知識
脂肪吸引の基礎知識

脂肪吸引とは?

脂肪吸引手術とは、外科的な手術で脂肪細胞そのものを除去する手術のこと。カニューレと呼ばれるストローのような細長い管を差し込み、その管を動かして皮下脂肪を吸引します。現在では技術向上により、腹部やお尻、太もものほか、頬、顎、二の腕、太もも、ふくらはぎ、足首など多く部分の施術が可能です。脂肪は軽いので体重自体はあまり変わりませんが、余分な脂肪細胞を吸引することで手術した箇所の見た目は劇的に変化します。体重を減らして全身を痩せさせるのではなく、部分的なシルエットを変えたいという人にはたいへん効果的な方法です。

脂肪吸引とダイエットの違い

ダイエットでは食事制限や運動をして脂肪細胞を小さくすることはできます。しかし、一度ダイエットに成功しても、運動を怠ったり気を抜いて食べ過ぎたりすると脂肪細胞はまた膨らんで大きくなってしまいます。これがいわゆる「リバウンド」です。
一方、脂肪吸引は脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞自体を手術で除去してしまいます。ここがダイエットとの大きな違いです。そのため、脂肪吸引はダイエットのようにリバウンドすることは、ほとんどありません。

脂肪吸引のメリット・デメリット

外科手術を伴なう脂肪吸引には、ほかの美容整形同様、手術によるメリットもあればデメリットもあります。良い面のみを見て安易に手術を受けるのではなく、良い面・悪い面の両方を予めきちんと理解しておくことが大切です。脂肪吸引のメリットとデメリットについて、ここで詳しく見てみましょう。

  • 1.ダイエットするより短期間で痩せられる
  • 適度な運動や食事制限をするダイエットでは、1ヶ月に2~3キロのペースで落とすのがせいぜい。外見的にも痩せて見られるようになるには時間がかかります。その点、脂肪吸引であれば一度の手術で明らかな効果があり、短期間で痩せられます。

  • 2.気になる部分がピンポイントで痩せられる
  • ダイエットだと痩せてほしいところがなかなか痩せず、脂肪の残ってほしい部分から痩せてしまうことも。脂肪吸引なら体で不要な部分の脂肪細胞のみを除去するので、痩せたいところだけピンポイントで部分痩せができるのです。

  • 3.脂肪細胞を減らすのでリバウンドの恐れが少ない
  • 見事、ダイエットに成功して体重を落とした芸能人が、リバウンドしている例はよくあります。いっときは痩せても持続させるのはいかに難しいかが分かると思います。脂肪吸引は手術により脂肪細胞の数を減らしてしまうので、リバウンドの心配はありません。

  • 4.全身のバランスを見ながら、理想のプロポーションが得られる
  • ダイエットでは体重を落とすことはできても、理想の体型が手に入るとは限りません。脂肪吸引なら全身のボディバランスを見ながら、美しいプロポーションに整えて仕上げることができます。例えば、吸引した脂肪を豊胸手術に使うことだって可能なのです。

  • 1.医師の技術のレベルに大きな差がある
  • 手術をする医師が未熟な場合、手術の箇所の脂肪を吸引しすぎたり、逆に残してしまったりという吸引ムラによって皮膚がデコボコしてしまうことも。病院の規模や金額などだけで決めず、クチコミや評判も参考にして信頼できる病院を選ぶようにしましょう。

  • 2.手術のためリスクをともなう
  • 脂肪吸引手術にはリスクが伴うことを覚えておきましょう。たとえば、一度に広範囲の吸引はできないこと、また、術後に多少の痛みや腫れが出ることがあります。こうしたリスクを事前に承知した上で、手術を受けるかどうかを決めてくださいね。

まとめ

以上、脂肪吸引のメリットとデメリットをご紹介しました。これらをきちんと理解することで、「脂肪吸引って危険なのでは?」といった先入観もなくなったのではないでしょうか。とはいえ、脂肪吸引手術は医師の技術レベルによって大きな差が出るので、下手をしたら自分の体型を左右してしまうこともありえます。したがって、脂肪吸引手術に定評のある、安心・信頼できる病院を見つけることがとても大切になってきます。

脂肪吸引というと、お腹周りやヒップといった箇所を思い浮かべる人も多いでしょう。でも、実は脂肪吸引できる箇所はとても多岐にわたります。ここでは、どういった部位が可能なのか具体的に見ていくことにしましょう。

頬やアゴの脂肪吸引

今や小顔は女性の美しさに欠かせない要素。アイドルや女優さんのような小顔に憧れる人も多いのでは。顔が大きい、膨れているなどで悩む人なら、頬やアゴについた余分な脂肪を吸引することでフェイスラインがぐっとシャープになります。頬の脂肪吸引は耳の後ろからするので、手術跡もほとんど目立ちません。

二の腕の脂肪吸引

いったん脂肪がつくとなかなかとれない、そして加齢とともに緩んで垂れ下がってくるのが二の腕。脂肪吸引はひじの後ろ側からカニューレを差し込み行ないます。ダイエットしてもなかなか効果が出にくい部位だからこそ、脂肪吸引は効果的な方法。タンクトップやノースリーブの似合うほっそりした二の腕を手に入れられます。

お腹の脂肪吸引

ダイエットしても、脂肪が減りづらいのがお腹。三段腹で脂肪がつかめる人、下腹ポッコリな人、出産によるお腹周りのたるみなど、悩んでいる人にはたいへん効果的。美しいウェストラインを短期間で叶えられます。広い場所のため、複数の場所からネット状にカニューレを挿入して行ないます。

背中・腰の脂肪吸引

背中は肩甲骨の下あたりが贅肉の付きやすいポイント。ブラジャーの締め付けによる脂肪の盛り上がりを何とかしたいと思っている人は多いのではないでしょうか。腰はウェストラインのくびれを作りたい人にはとても効果的です。背中や腰の脂肪吸引は、女性の後ろ姿をスッキリと若々しく見せてくれます。

太ももの脂肪吸引

ミニスカートから見えるほっそりした太もも。ジーンズを履いたときのスッキリとしたライン。太ももの脂肪吸引をすると、こうした魅力的な太ももが手に入ります。ただし、太もも部分の脂肪吸引はたいへん難しく、医師の技術で仕上がりにもかなり差が出るようです。経験豊富で技術力の高い医師を選ぶことをおすすめします。

ヒップの脂肪吸引

ヒップのたるみや大きさに悩んでいる人に効果的です。たるんでいた部分の脂肪を取り去ることで、ヒップアップが叶ったりヒップのラインをキレイに見せることができます。施術はヒップと太ももの間のシワにカニューレを挿入して行ないます。脂肪を除去しすぎると貧弱なヒップになる恐れがあるので気をつけましょう。

ふくらはぎ・足首の脂肪吸引

ふくらはぎや足首もダイエットでは部分痩せできない部位ですよね。でも、細くてスラッとした足は女性らしさの象徴でもあります。ただし、ふくらはぎ部分の脂肪吸引はかなりの技術が必要で難易度が高いとされています。また、筋肉や骨格、むくみなどで太い場合は脂肪吸引手術では解決しないこともあります。